早めのアンチエイジングでエイジケア♪

20代の後輩が「最近、シワが気になって...」とか言うのを聞くと
(どこがよ)と内心、悪態をついてしまいます(;´д`)

でも同年代でも肌のキレイな人に聞くと
若い頃からお手入れに関心のあった人が多く、
私もアンチエイジング、頑張らないと...と
ちょっとあせりますね。

化粧品はもちろん、普段から紫外線を浴びないように
気をつけたり、バランスのいい食事も大切ですよね。

そういえばこないだテレビでほしのあきちゃんが
肌年齢70代と診断されていてびっくりしました!

美容液もつけるし、夏も冬も日焼止めを欠かさないし、
美顔器だって使ってるそうです。
でも、70代...Σ(-∀-;)

で、足りないのは内側からのケアだったそうで
にんじんを食べなさい、って言われてました。
やっぱり新鮮な生野菜はビタミンや酵素も
たっぷり含まれているから大切なんですね。

悪あがきにならないよう、今から頑張らなきゃ。


PRこのシミ薄くなるの?タイプで見る!美白美容液人気ランキング


皮膚科医も絶賛!シミ対策美白スキンケアb.glen

お化粧品革命

私は、以前テレビや新聞でも話題となったある人気の美白石鹸を
使ってみたのですが、あまり効果がありませんでした。
その美白石鹸は、お肌の油分を取り過ぎてしまうせいか
洗顔後にお肌のしっとり感がなくなりました。


美白効果もあまり感じることなく、お肌も乾燥してショックでした。
石鹸や洗顔剤も、汚れを落とすにしてもお肌を保湿、潤す成分が
しっかりと入っているものを選ぶことが大切ですね。


また、お化粧水で以前良くテレビCMでも宣伝していたメーカーの
アセロラローションやコエンザイムQ10が含まれたものを
使ってみたのですが、濃度が低かったのか効果がありませんでした。
時代と共にお化粧品の購入方法も変化を表しています。


テレビ等の宣伝広告費を掛けることなくインターネット注文できる
お化粧品が沢山あります。
これらの商品は、余分な広告費や流通コストを掛けることなく
商品の成分を充実させてます。
それは、使ってみるととても良くわかります。


私は、お化粧水等のトライアルを幾つも試してみましたが、
それぞれ目的別の良い効果を実感しました。
それからお化粧品は、必ずネット通販を愛用しています。


大切なことは、ご自分のお肌に合ったものを選ぶことですが、
その効果を最大限に得る為には成分の濃さや浸透性も大切です。
インターネットで、空いた時間を上手に使って品質や成分の
充実したユーザーのことを考えて作った化粧品や商品に
出会いたいですね。
      
                                       


ハト麦茶で美肌づくり

私は若い頃からお茶が大好きです。
コーヒー、紅茶、ほうじ茶、緑茶なども愛飲しています。
最近では、いくつもの種類の茶葉がブレンドされた香ばしいお茶も
売られていますね。


その中に含まれている事も多いハト麦茶。
実は、このハト麦に美肌効果があるのです!
はと麦は、イネ科のジュズダマ属の一年生植物。
夏の終わりに数珠玉ほどの実を付けます。


殻付きのものがハト麦、殻の中にある白い果肉が「ヨクイニン」と
呼ばれるものです。
このヨクイニンには、美肌効果、利尿作用、リウマチ予防・
胃もたれ予防、がん予防・食欲増 などの効果があり、日本でも
薬用として利用されています。


吹き出物や肌荒れなどのお肌のトラブルを解消したり、お肌の
コンディションを整えてくれたりします。
ハト麦茶だけで売られていることは少ないので、インターネット
から茶葉を購入して煮出して飲んでも良いし、
ブレンド茶を利用しても良いですね。
肌トラブルが深刻な場合は、煮出して飲むと良いでしょう。


でも、ハトムギ茶は、体を冷やす作用もあるので、冷え性、生理中、
妊娠中の方の場合は、多量の摂取は避けてくださいね。
これからの秋~冬の乾燥が気になる季節には、
肌トラブルも増えるはず。


はと麦茶を温め、ゆっくりと香りを楽しみながらほっと一息。
身体の内面から綺麗になれそうです。


毛穴ケアでキメの整ったお肌へ

キメのあるお肌は、身体の血液循環を良くすることも
影響しています。
夏場はシャワーで済ませてしまうこともありますが、
これから迎える秋から冬は半身浴や温泉につかって身体を
温めることをおすすめします。


私は、日頃の疲れを取りに温泉に出かけることがあります。
空を見上げながらゆっくりとお湯につかり、リラックスする
時間を楽しみます!
お湯につかり数分すると、急に顔や額から汗が出てきます。
体内の汚れや不要物が汗に混じり出てきます。


毛穴やキメの汚れを取ってくれる洗顔料として、クレイ、
ヒオウギエキス、シャクヤクエキス、ゆずエキス、
キメの細かい弾力のある泡洗顔などもおすすめです。


身体が温まり毛穴が開いた時は、お化粧水等が浸透し易い状態。
お肌の潤いと弾力を高め、キメを整え、毛穴を目立たなくさせる
ヒオウギエキス、ゆずエキス、びわ葉エキス、キシリトール、
天然温泉水などもおすすめです。


食事ならバランスを考えて、野菜たっぷり&豆腐や魚、玄米&
雑穀米なども良いですね。
時にはお気に入りの香りのアロマバスに入りながらハーブティを
飲んだり、ホルモンバランスを整える為にリラックスミュージックを
聞きながら眠りにつくなども良いでしょう。


キメのあるお肌を手にいれる為には、規則正しい生活習慣、
バランスの良い食事、適切なスキンケアが大切です。

目元のくすみケア

活き活きと輝く目はすてきですよね!
目だけではなく、目元に潤いがあることも大切です。
目元は、人間の体の中で最も皮下脂肪が少なく皮膚が薄い部分。
だからこそ乾燥しやすくハリを保つ力が弱いのです。


目元は外部からの刺激によるダメージを受けやすい部分でもあり、
睡眠不足や疲労などでもくすみや、クマが出来ますね。
また人は、泣いたり笑ったり起こったりとそのたびに
目元の表情筋は動き続けています。


私は、思いっきり泣いた翌日には必ず瞼が腫れ上がります。
お昼位までまぶたの腫れは引きません。
お化粧でごまかそうとしたこともありますが、やっぱり駄目です。
それだけ、目の周りは敏感な部分なのですね!


そして目元は、コンシ―ラーやパウダーをつけたり、落としたり
する部分ですからいつも刺激を受け、乾燥し易いのです。
お化粧を落とした後には、お化粧水をなじませてから目元に
美容液を付けて潤いを与えましょう。


目元のくすみ対策によい美容液はセラミド、ヒアルロン酸、
コラーゲン、カラスムギエキス、ヘスぺリジン誘導体、
ローヤルゼリー、コラーゲン、エラスチンなどが配合された
保湿力の高いものです。


指先で優しくパッティングする様に馴染ませましょう。
それだけでも、目の周りの血行が良くなり眼精疲労も
とれてきます。
目元のくすみには、十分に潤い成分を浸透させることの他にも
サプリメントを利用したり、食生活の見直し、睡眠時間などにも
気を配ることが大切ですね。

乾燥ぐすみ対策には高濃度美容液

年齢肌は、紫外線などの蓄積でお肌の栄養が減っているので
乾燥にも弱くなります。
角質層の潤いが減少すると、光の透過が悪くなり、透明感が
なくなります。

例えて言うと寒天。
寒天が乾燥している時は白いですが、水分を与えると透明に
なりますよね。お肌も同じことが言えます。
乾燥ぐすみや、シミ、シワも出来やすいのですね。
年齢肌には十分に栄養を与えることが大切です。

20代位までは、濃度の低いお化粧水でも水分量は足りていた
かもしれませんが、30代を過ぎたら、美容成分の濃度の高い、
そして浸透性の高い美容成分でなければ効果があらわれないんです。

乾燥ぐすみのケアには、美容液をたっぷり含んだマスクがおすすめ!
プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、豆乳発酵液、
トウガシエキス、、アルブチン、角質柔軟成分(乳酸ナトリウム)、
天然成分、和漢エキスなどの美白、美肌、消炎作用の効果はお肌に
潤いをダイレクトに与え肌の奥深くまで美容成分を浸透させます。

使い心地は、顔に付けた時にはさっぱり、はがした後は潤いで
ふっくらとしています。
角質層もしっかりと潤い、お肌の明るさも出てきます。
週末など少し贅沢な気分になりたい時などにもおすすめです!
年齢肌の乾燥ぐすみには、美容液をたっぷり含んだ集中ケア。
ホームエステをお楽しみください。

肌の黄ぐすみにコウジ酸を!

お肌の色は年齢を重ねると共に黄色くなっていきます。
いわゆる黄ぐすみが見た目年齢をあげてしまします。
黄ぐすみは、体内のたんぱく質と糖の合わさりが原因で
起こります。
黄ぐすみが原因で10歳位年上に見えることさえあります。


年齢を重ねるごとに蓄積されるので、日頃のケアで黄ぐすみを
作らない様にケアすることがもっとも効果的な方法です。
年齢とともにお肌には化粧下地が欠かせなくなってきますね。


この黄ぐすみに効果を表す成分がコウジ酸です。
コウジ酸はお酒やお味噌を作る時に使われるコウジ菌から
作られる成分として知っている方も多いと思います。
コウジ酸には美白、消炎、抗酸化の3つの成分が含まれている為、
黄ぐすみだけでなく、シミ、シワ、たるみにも効果を表します。


この優れた成分コウジ酸に天然ビタミンE(消炎作用)ヒアルロン酸
(保湿成分)、リキチリン、ヒナギクエキス(美白成分)などの天然成分が
配合されているものあり、美肌効果が期待できます。


顔全体に使えるクリームや、部分使い様などもあるので、お肌の状態に
合わせてコウジ酸を取り入れ美肌作りをしましょう。


唇の乾燥対策にはリップケア

秋から冬になると唇の乾燥がとても気になりますよね。
冷たい外気や暖房の風で水分が奪われた唇はバリバリに。
切れて血が出てくることもあります。


私は寝る前にリップクリームを塗らないと落ち着かず眠れません。
以前、旅先でリップを忘れ唇を舐めておいたら唇どころか口の周り
までガサガサ、ヒリヒリになってしまい困った経験があります。
それ以来、旅先にもリップを必ず持っていくようにしています。


秋から冬には欠かせないリップケアですが、おすすめのリップケア
をご紹介します。
まずはマカダミアナッツオイル配合のリップケアです。


栄養食品としても使用されているマカダミアナッツオイルですが、
その成分にはビタミン、ミネラル、抗酸化物質が含まれて唇に
潤いを与えてくれます。


その他にも保水効果が持続する角層保護成分リピジュア、
マリンコラーゲンなどの美容成分配合のリップケアがあります。
これらの成分は、唇を潤しながらふっくらさせてくれます。


秋から冬にかけては、お肌の乾燥が気になる季節。
唇ケアもしっかりしていきましょう。
今まで唇の乾燥でマットタイプの口紅を諦めていた方も
リップケアを下地にすれば、もう大丈夫です。


フェイスラインを引き締めたい

私は結婚する前、ブライダルエステに通いました。
そこでは、温かいミストを顔やデコルテにかけた後、
美容オイルで顔、フェイスライン、首筋、デコルテを優しくマッサージ
してもらいました。


数回の施術で、フェイスラインはかなりすっきりとし、お肌が潤いました。
しかし、今はホームエステ時代。
毎日の生活の中に自然な形でエステを取り入れたいという方が増えて
いますね。ホームエステなら、ちょっと贅沢も出来ますよね!


まず、体重増加が気になっている方は、ちょっぴりダイエットを。
それだけでもフェイスラインはすっきりします。
そして、バスタイムで簡単フェイスマッサージをしましょう!


例えば、オイルカットのクレンジング、クレイやアミノ酸、ヒアルロン酸
配合の洗顔剤などを利用してお化粧や洗顔をしながら、一緒に
忘れがちなフェイスラインをマッサージするのです。
下から上へ筋肉を持ち上げる様にマッサージします。


クレンジングや洗顔には保湿成分が含まれているもの、古い角質や
余分な皮脂を取ってくれるものがあります。
これらを上手に利用しながらフェイスラインのケアを行えばダブルケア
どころかトリプルケアになります!


お風呂上がりや寝る前いは、セラムバイタル、コエンザイムQ10、
ヒアルロン酸、コラーゲン、高麗ニンジンエキス、温泉水、和漢エキス
などの成分を軽くマッサージする様にお肌に浸透させましょう。
もちろん、フェイスラインだけでなくデコルテもお忘れなく!


お肌に豊かなハリと潤いを与えながら、フェイスラインを引き締める
ことができます。


顎のたるみをあご体操で改善

久しぶりに撮った写真, あれっ?
あごが2重に。。。
あごは体重増加ですぐに変化が表れ、年齢と共に筋肉がたるむところです。
自分ではなかなか気がつかないことが多いのですが、
他人からはしっかりとあごのたるみを見られているんですよね。。


改善させるには、やはりダイエット。
スポーツクラブやウォーキングなどに行ける時間があれば良いのですが、
残業続きの方や、子育て中の主婦の方などは、ほんの少しの時間も
取れないですよね。


そんな時に、通勤や家事などの日常生活での動きを脂肪燃焼に
変えてくれるのがカル二チンや茶カテキンのサプリメントです。
エネルギーを消費し易くしてくれるので、普段の生活での動きが
ダイエットになるんです!
代謝が良くなると、太りにくい体質になれます。


忙しい時や太り気味の時にはダイエット食品のシェイクやゼリー、
サプリメントを上手に利用しています。
必要な栄養素を取りながらカロリーを抑えることができます。
お値段が手ごろで、安心な品質、そして続けられる美味しさが
ポイントなんです。


次に、日常生活で簡単に出来るあごの引き締めてくれる簡単あご体操!
まず、天井を見て、左から右へとゆっくりとあごを引っ張る感じで動かして
肩も同時にアップダウンさせながら行えばかなり気持ち良いはず。
いつも使わない筋肉があご体操をすることで刺激を与え血行促進させます。


適度なダイエットとあご体操でフェイスラインは次第にすっきりとしてくるでしょう。
是非お試しください。


TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪 撃退法