シミ対策

シミ対策に欠かせないビタミンC

シミ対策コメント(0)トラックバック(0)

幼稚園への送迎を毎日していると紫外線がすごくて。
紫外線対策と日よけのためにサンバイザーをしていても
風に飛ばされ役に立たないんです。


子供の通う幼稚園ママの年齢層は30代~40代。
年齢層が高いだけに、紫外線対策をしっかりしています。
日傘や、サングラス・アームシェードなどが人気ですが、
動き回る子供の相手をしているとあまり役に立ってないようです。


「色がこげたよね」
「シミが増えた気がする」
「どこのUVミルク使っているの?」
この時期の園児のママたちの話題もUVケアに集中します。


幼稚園ママたちの間で内面の美白やシミ対策として人気なのは、
ビタミンCのサプリメントです。
私はシミ予防と対策を兼ねて毎朝ビタミンCジュースを飲んでいます。
ビタミンCはシミ対策だけでなく、風邪予防にもなるのでおすすめです。


アセロラドリンクなどやフルーツジュースをベースに、
パイナップル・グレープフルーツ・キュウイ・レモンやオレンジなど、
ビタミンCの多い果物をミキサーにかけるだけですが、
美味しいし、お肌だけでなく体調管理にもいいです。


夜のお肌のケアには浸透力の高い高濃度のビタミンC美容液が欠かせません。
ビタミンCが含まれたお化粧水や、美白パックやレモンパックなど、
シミをなくすためにいろいろとチャレンジしています。


シミができてからでは遅い紫外線対策

シミ対策

20代のお肌に戻りたいと思いませんか?
20代のお肌って、強い紫外線を浴びても
皮膚が赤くなるだけでシミとは無縁なんですよね。

20代には、シミなんて関係ない!なんて海に出かけて
頬に大きなシミができてしまった経験がありませんか?
慌てて薬局で美白ケアの化粧水を買ったんですが、
できてしまったシミは撃退できず。

そして迎えた30代。。
子供の幼稚園への送迎や、公園遊び・日中の買い物など
外出が増え紫外線をあびることが多くなって
頬や目元などにかなりの細かいシミを発見することに。
UVケアをしていてもできるんですよね。

その時に通販で美白化粧水を購入しました。

その化粧水には、メラニンの生成を抑える
ヒヨコマメ種子エキス、クミナム抽出液や、
保湿効果のあるアミノ酸やコラーゲン・ヒアルロン酸・
セラミドがたっぷり。

でも、お肌によい成分がたくさん入っていても
お肌に上塗りしているだけで浸透してなかったようです

シミは私の肌が居心地が良いのか居座っていました(笑


TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪 撃退法