敏感肌の洗顔はオイルフリーを選ぼう

敏感肌は、肌のバリア機能の低下が原因。
肌のバリア機能を低下させる原因の1つとして考えられるのが、
刺激の強い洗顔剤です。


気が付かないで使っている方も多いのですが、界面活性剤配合の
洗顔剤は、お肌に必要な皮脂を奪い、保護膜を壊すことがあります。
オイル配合の洗顔剤も敏感肌にはおすすめできません。
オイルが酸素と結びつくと過酸化脂質となる為、肌荒れを起こすのです。


敏感肌に悩む方は、まず洗顔剤を低刺激でオイルフリーのものに
変えてみるのがいいです。


私は15年程前、まだ外国のお化粧品が日本人仕様にならないで
販売されている頃、ある強い洗顔剤(くるみのスクラブ配合)を使い
肌トラブルを起こしたことがあります。


今までに全くの肌トラブルを起こした事のなかった私でしたが、
洗顔後のお化粧水が痛い程強烈にしみ、
顔全体に赤いブツブツが出てきて皮膚科へ駆け込みました。
粒子の荒いくるみのスクラブ入りの強い洗顔剤で肌が傷つき、
炎症を起こしたのです。


敏感肌は乾燥により、角質層のバリア機能が低下しています。
敏感肌対策としては、洗顔剤は、クレイ洗顔やオイルフリータイプ、
低刺激のタイプのもので、汚れと余分な皮脂だけを落とすことが大切です。


洗顔後は角質層を十分に潤す為に、ビタミンC、ヒアルロン酸、セラミド、
天然ハーブ成分、生薬配合のお化粧水等をたっぷりと浸透させて、
角質層のバリア機能を正常な状態に戻しましょう。
保水力の高まったお肌は外からの刺激にも強くなります。

関連記事

  1. 敏感肌の洗顔はオイルフリーを選ぼう

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.big21.net/mt/mt-tb.cgi/18

コメントする

TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪 撃退法