たるみ

顎のたるみをあご体操で改善

たるみコメント(0)トラックバック(0)

久しぶりに撮った写真, あれっ?
あごが2重に。。。
あごは体重増加ですぐに変化が表れ、年齢と共に筋肉がたるむところです。
自分ではなかなか気がつかないことが多いのですが、
他人からはしっかりとあごのたるみを見られているんですよね。。


改善させるには、やはりダイエット。
スポーツクラブやウォーキングなどに行ける時間があれば良いのですが、
残業続きの方や、子育て中の主婦の方などは、ほんの少しの時間も
取れないですよね。


そんな時に、通勤や家事などの日常生活での動きを脂肪燃焼に
変えてくれるのがカル二チンや茶カテキンのサプリメントです。
エネルギーを消費し易くしてくれるので、普段の生活での動きが
ダイエットになるんです!
代謝が良くなると、太りにくい体質になれます。


忙しい時や太り気味の時にはダイエット食品のシェイクやゼリー、
サプリメントを上手に利用しています。
必要な栄養素を取りながらカロリーを抑えることができます。
お値段が手ごろで、安心な品質、そして続けられる美味しさが
ポイントなんです。


次に、日常生活で簡単に出来るあごの引き締めてくれる簡単あご体操!
まず、天井を見て、左から右へとゆっくりとあごを引っ張る感じで動かして
肩も同時にアップダウンさせながら行えばかなり気持ち良いはず。
いつも使わない筋肉があご体操をすることで刺激を与え血行促進させます。


適度なダイエットとあご体操でフェイスラインは次第にすっきりとしてくるでしょう。
是非お試しください。


目元、口元のハリに効く美容液選び

たるみコメント(0)トラックバック(0)

目元、口元のシワ対策をしたら、次はハリを取り戻す為の対策へ。
目元は瞬きで、口元は話すことで良く使う筋肉です。
だからこそたるみが出やすい部分なんです。

機械でもフル回転させれば、油をさす必要があります。
お肌のハリを取り戻すのも同じかもしれません。

私は化粧水、乳液、美容液を浸透させた後に歯磨きをしています。
うがい時に口元の美容成分がどうしても取れてしまい、
寝る前に付け直すこともあります。
朝起きたときにハリのある肌でいたいからです。

美容液はなかなかお値段も高価なので、無駄なく使いたいところ。
顔全体のハリやたるみには、、ハーブから生まれたセラムバイタルや、
コラーゲン、エラスチン、レチノール、ローヤルゼリー、ココエンザイムQ10、
プラセンタエキスなどが効果を表します。

セラムバイタルには、 
・表皮が厚くなることを防ぎ成分の浸透を助ける
・コラーゲンのダメージを防ぐ
・エラスチンの編成を防ぐ
など3つの効果があります。

目元や口元のハリ・たるみ対策にもなるこれらの成分を使っても、
目元、口元のたるみに効果が現れなかった時には、これらの成分が
含まれた部分パックがおすすめです。
部分パックなら濃密美容液を角質層まで浸透させることが出来るので、
目元、口元にもしっかりとハリや弾力が出ます。

ご自分のお肌に合った美容液を見つけて、目元、口元のはりを
取り戻し、たるみを解消しましょう。


たるんだ肌にハリを取り戻したい

たるみコメント(0)トラックバック(0)

30代を過ぎると、お肌の筋肉が下がりたるんできます。
顔も気になりますが、お腹やヒップのたるみにも悩まされます。

お肌のハリが失われる原因は、加齢、ストレス、喫煙、
睡眠不足、ダイエットなどが考えられます。
タバコは血液の流れを悪くし肌を荒らします。

睡眠をしっかり取りストレスを発散する位の適度な運動が
お肌のためには良いと言われます。
過剰なダイエットをすると、肌のハリをなくし
更に年齢肌に拍車をかけますから、気をつけましょう。

ハリの失われた年齢肌には、セラムバイタル、
コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、レチノール、コラーゲン
などが効果的ですね。お肌のハリと潤いがよみがえりピーンと
したふっくら肌を目指します。

また、ヒアルロン酸は顔の表皮の健全なターンオーバーを
維持するために大切な働きをするので、
お肌にたっぷりと浸透させると良いですね。
 
食材では
コラーゲン(豚バラ、牛すじ、鳥肉、うなぎ、カレイ)など
たんぱく質(牛乳、ヨーグルト、卵)など
ビタミンB2(レバー、大豆)
ビタミンE(ナッツ類)
ビタミンA(かぼちゃ、人参)
ビタミンC
 (レモン、オレンジ、グレープフルーツ、ブロッコリー)など。

これらの食材にはお肌のハリに良い成分が沢山含まれています。
実は、先日食べた天下一品のラーメン、どろどろしているな~と
思ったら鳥のコラーゲンがたっぷり入っているんですね。
焼き鳥屋さんの鳥スープもお肌には良さそうです。

外からと中からのダブルエッセンスで、
ハリのあるお肌を取り戻しましょう。 


TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪 撃退法