ニキビ

ニキビを予防!作らないためには!?

ニキビコメント(0)トラックバック(0)

ニキビを作らないための予防にはどんなものがあるの?
ニキビが出来やすいタイプの人は特に毎日の生活のちょっとした
心掛けを大切にしましょう。  
  
 ・ストレスをためない
 ・規則正しい生活
 ・十分な睡眠
 ・食生活
 ・適度な運動
 ・適度な発汗(サウナなど)
 ・タバコ
 ・肌を乾燥させない   

大人のニキビ肌を作らない為に大切なことは、ニキビが出来やすい
タイプであることを理解し、予防し続けることです。
ニキビの出来やすい肌と上手に付き合っていきましょう。


肌の乾燥を予防するセラミド成分(角質と角質の細胞感の脂質の
不足を防ぐ)を補給したり、ビタミンC、オウゴンエキス、カミツレエキス、
和漢、コラーゲン、ヒアルロン酸などでお肌の状態を改善したり。


また、ビタミンB群のサプリメントで身体の中の代謝や神経のバランスを
整えたり。
特にビタミンB群はストレスで失われる成分、ストレスが多い毎日を
送っている方は必要な量を補給しましょう。


私は粘膜が弱くて喉が炎症を起こしたり、口内炎が出来やすいので、
マルチビタミンを補給していますがなかなか効果ありです!
お化粧水等も高濃度で浸透性の高いものはその効果も期待できるのですが、
問題はお肌との相性ですね。
ご自分のお肌に合っているものを見つけて、その高い効果を実感してください。
 
  


生理前のニキビ対策

ニキビコメント(0)トラックバック(0)

20代の頃は、生理前になるとニキビができることがありました。
30代になってからは、生理前のニキビも出来なくなりました。


生理前のニキビはホルモンの変化が関係しています。
生理が始まると、エストロゲンというホルモンの分泌が盛んになり、
そのホルモンの影響で髪にツヤが出たり、肌がつるつるになったりします。


エストロゲンは女性を女性らしく輝かせる大切な働きをしているのです。
また、生理が近くなるとイライラしたり、食欲旺盛になる方もいます。
そんな時は生理前だからと割り切ったり、気分転換をしましょう。 


生理前のニキビ対策として簡単に出来ることはやはり食生活。
脂っぽいものを避けたり、甘いものを控えたりするだけでも良いのです。
揚げ物をテフロン加工(油分が少なくても良い)の炒め物に変えたり、
蒸し物や、マリネなども良いですね。


お酢の変わりにレモンを沢山絞ったタコやサーモンにスライスオニオン
やトマトを混ぜたマリネもニキビ対策におすすめ!
また甘いケーキを食べるなら和菓子などを利用すれば食物繊維も取れ
美肌効果もあります!


また生理が終わって10日位すると、お肌の調子が良くなってくるので、
生理前ニキビも前向きに考えて乗り切りましょう!


ニキビ跡には高濃度ビタミンC

ニキビコメント(0)トラックバック(0)

出来てしまったニキビ跡諦めていませんか?


ニキビが出来てしまったら、治るまで待つことが1番!
触らなければ、数日で白い膿がぽろっと取れて翌日には治りますが、
わかっていてもいじってしまって炎症がおこりニキビ跡がシミになって
いつも後悔していました。


私は以前、ニキビの膿を皮膚科で取ってもらったことがあります。
皮膚科の先生は膿の先をピンセットでつまみ出します。
それだけの処置なんですが、ニキビ跡も残らずにすみます。


浮かびあがった膿が自然と取れた翌日にはあれっ?
思う位、急にお肌の炎症が治っていました。
酷いニキビ跡になってしまった場合には、正しい洗顔と高濃度の
ビタミンC等を浸透させましょう。


ニキビ肌の炎症を抑える成分は、天然ハーブカミツレエッセンスや
高濃度のビタミンCなどがあります。
これらの美白成分は、シミを消す、ニキビ跡の黒ずみや傷跡を修復
してくれます。
高濃度のビタミンCにはコラーゲンの生成を促進し美肌にしてくれる
効果があります。


先日子どもが振り回したバトミントンの角が目尻に強く当たり、
顔に1cm程度のシミの様な茶色い跡が残りましたが、
ちゃんと美白化粧水でケアしたら傷跡は消えていました!
使って2週間くらいでかなり薄くなり、1カ月たった頃には消えていました。


私が使っていた美白化粧水には、高濃度のビタミンC、和漢エキス、アミノ酸、
コラーゲン、ヒアルロン酸、角質を取る成分、などが含まれいました。
付けるとす~と気持良く浸透して効いている!と実感できました。


高濃度の美白成分を高い浸透性でお肌に浸透させれば次第に
凸凹ニキビ肌も修復され透明感と潤いが生まれます。


脂肌症のニキビによい洗顔方法

ニキビコメント(0)トラックバック(0)

お肌のタイプには、脂症肌、乾燥肌、普通肌、敏感肌があります。
その中でも、脂症肌は特にニキビが出来易いお肌のタイプ。
脂症の方にニキビが出来やすい理由としては、アクネ菌が皮脂を餌として
増殖するからなのです。


アクネ菌は酸素が苦手、脂が溜まった毛穴は酸素が不足していて
皮脂が多くなります。
これではニキビは増えるばかりですよね。


脂症ニキビに悩んでいる方は、まず、洗顔方法を見直しましょう。
30歳を過ぎると皮脂分泌は減り、過剰な洗顔はお肌を乾燥させ
外からの少しの刺戟にも炎症を起こし易くなるのです。


人間の皮膚は上手くできていて、極度の乾燥状態に陥ると
防御作用が働き、過剰な皮脂分泌を始めてしまいます。
脂症だからと過剰な洗顔を続けている人とニキビが再発してしまいます。


汚れと余分な皮脂だけを取る正しい洗顔をすれば、
ニキビの再発を防ぐことができます。
クレイ洗顔、サリチル酸、和漢配合などがニキビによい洗顔です。
保湿をしながら洗顔したい人には、ヒアルロン酸、アミノ酸、ホホバホイル、
アロエエキスが含まれているものがよさそうですね。


お化粧水はカミツレエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、グリコール酸、
パルミチン酸レチノール、パンテノールなどの成分が含まれるものなら
ニキビ肌を消炎させながら優しくいたわり保湿します。


脂症にニキビ肌にはファンデーションも含め、油分の少ないお化粧水等を
選んで予防しましょう。


ストレスニキビ肌は内面から整える

ニキビコメント(0)トラックバック(0)

ストレス性ニキビの悩み
ストレスをうけやすい社会とかいいますよね。
このストレスがお肌にも大きな影響を与えます。
ストレスニキビって聞いたことがありますか?

同じ職場で働いていた女性は、凸凹赤ら顔のニキビ肌だったんですが、
彼女のニキビの原因は仕事からのストレスでした。
女性のストレスは生理不順や肌荒れなど体にすぐに現れるんです。
極度のストレスが自律神経やホルモンバランスを崩す原因に
なってしまうからです。

特に、ニキビの出来やすいタイプの人はストレス性ニキビがすぐできます。
内面からくるニキビの場合、ニキビ用の化粧水や美容液などを使っても
なかなか治らないんです。

疲れていても毎日簡単に生活に取り入れることができるストレス発散方法や
ニキビ肌を清潔にする洗顔方法をおすすめします。

毎日の入浴時には、心地良いと感じる香りのバスタブでの半身浴や、
寝る前のアロマテラピーなどでリラックス! 
ニキビ肌のメイク落としにおすすめなものは、オイルフリーで、
界面活性剤不使用で低刺激のものをお選びください。
なるべく無添加クレンジングや洗顔がいいですね。

洗顔剤としては、クレイ(泥)、サリチル酸、和漢、泡立ちの良いもの。
お肌の汚れと不必要な皮脂を取り、潤いを残してくれるタイプのものなら
ニキビを修復しながら再発を予防してくれます。

そして休日にはヨガやピラティクスなど体の中の毒素を吐き出してくれる
ストレッチを取り入れたり、睡眠をたくさんとってホルモンバランスを
整えるようにしましょう。 


TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪 撃退法